薄毛で地肌が目立つ女性が急増

薄毛の女性が急増しているのです!

薄毛やハゲといえば男性と思われがちだが、

いまやそうではないのです。

薄毛や抜け毛を気にして、育毛剤を買う女性が増えており、

全国のドラッグストアにおける女性用の育毛剤や発毛剤の購入金額は、2010年から2012年の2年間に58%も伸びているのです。

男性用に比べて女性用育毛剤の市場規模はまだ小さいが、男性用育毛剤の売上げが横ばい状態なのに比べて、女性用は急成長しているのです。

大手ドラッグストアの広報担当者は、「最近の女性向け育毛剤の売り場は賑わっており好調です。売り上げは昨年の5割増しくらいで、新商品も増えて品揃えが良くなっています」と話しているそうですが、、、

女性の薄毛の増加は潜在層の顕著化か

「頭髪の生え際が気になる」「髪の毛の抜け毛が増えている」「髪の毛のボリュームが減った」と、頭髪の悩み持つ女性が増えているのだが、何故なのだろうか、、。

薄毛を診察している桑名皮フ科院長の桑名氏は、週刊朝日にこう書いていた、

「女性の頭皮を20年以上診てきましたが、薄毛を訴える女性は増えてきています。
約20年前は男性患者のほうが多かったのですが、今は女性のほうがわずかですが多いくらいです」。

桑名医師のところへ診察に訪れる女性患者の年齢層は、

  • 60歳以上 : 38%
  • 50代 : 26%
  • 40代 : 14%
  • 30代 : 14%
  • 30歳未満 : 7%

と、50~60代が多く、男性のように若年性脱毛症が増えているわけではないとも思われるのだが、、。

 

成城松村クリニック院長の松村・産婦人科医師は、

「当クリニックの患者さんでも、薄毛を気にする女性が増えています。人知れず悩んでいた人が多かったのが、表面化したという印象です。かつては『ただの老化』だとあきらめていたのに、いまは『なんとかなるのなら治したい』と思って来られる女性が多いのです。」とコメントしています。

これらの話を聞く限りにおいて、新たな患者が増えているのではなく、今まで諦めていた女性が積極的に薄毛対策に乗り出してきている、ということが原因のようだが、

松村・産婦人科医師は、

女性の社会進出が進んだことで、ストレスや不規則な生活、偏った食生活によって、女性ホルモンのバランスが崩れている女性が増えているのではないかとの懸念も示しています。

 

Sponsored Link

 

女性の薄毛の原因

男性の脱毛症の原因はかなり明確になってきた。

男性ホルモンであるテストステロンが5α-リダクターゼという酵素によって活性がさらに強い、ジヒドロテストステロン(DHT)に変わるのですが、このDHTが発毛を抑制してしまうのです。

 

女性の場合も、ホルモンが関与しているとは考えられているのだが、まだ原因は明確にされていない。

閉経後に見られる薄毛は、女性ホルモンであるエストロゲンが減少し、相対的に男性ホルモンレベルが上昇したことによるとして、FAGA(Female Androgenetic Alopecia:女性男性型脱毛症)という説もあるのだが、

まだ確定というわけではなく、男性のAGA(男性型脱毛症抑制作用)で処方される我国で唯一の脱毛症の医薬品は女性には適応禁忌になっている。

男性の場合には、脱毛のタイプは、

  • M字ハゲ
  • O字ハゲ

に分かれるのだが、

 

女性の場合は、

  • 頭部全体が薄毛になるタイプ
  • 頭頂部が薄毛になるタイプ
  • 生え際が薄くなるタイプ

など、様々で原因はまだ特定されていないのだ。

 

成城松村クリニック院長の松村・産婦人科医師は「更年期にさしかかる前の40代より若い世代で、薄毛に悩む女性も増えているようです。女性の社会進出が進んだことで、ストレスや不規則な生活、偏った食生活によって、女性ホルモンのバランスが崩れている女性が増えているのかも知れません」とコメントしています。

 

[d#ad-2]

 

女性の薄毛の種類

女性の薄毛のもいくつかの種類があり、原因が異なります。

薄毛を改善するには自分の薄毛がどのような原因によるのかを知ることが最も大事です。

 

女性男性型脱毛症

FAGA(Female Androgenetic Alopecia:女性男性型脱毛症)ともいわれ、閉経後に見られる脱毛症。閉経により、女性ホルモンであるエストロゲンが減少し、相対的に男性ホルモンレベルが上昇したことに原因しているのではないかと考えられている。

 

慢性休止期脱毛症

女性特有の脱毛症で、女性男性型脱毛症に次いで多い脱毛症。本来、ヘアサイクルの休止期は10%くらいだが、20%くらいに増加することで発症する脱毛症で30歳以降にみられる。女性男性型脱毛症では毛が細く短くなって抜けるが、この脱毛症では太い毛が、頭全体において抜ける。

 

産後脱毛症

主産後のホルモンバランスの乱れによって起こる脱毛症。一過性で、出産から半年経過頃には回復する。

分娩後ではなく、ピルを常用していた女性が服用を止めたことに起因することもある。

 

過度なダイエットによる脱毛症

極端な食事療法によるクラッシュダイエットでみられる脱毛症。起因は栄養不足、栄養素の偏りが原因。

 

鉄欠乏性貧血による脱毛症

若い女性で見られる脱毛症。鉄分が欠乏すると髪のつやがなくなり、休止期が長く、休止期脱毛がおこる。

 

いかがですか?

あなたの薄毛はどの薄毛でしょう?

 

では、これから、女性の薄毛対策を書いていきますから読んでくださいね。

 

関連記事(一部広告を含む)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ