高校生で抜け毛が多いなら若年性脱毛症かも知れません

以前は、ハゲといえば年寄りをイメージしたのですが、

最近では若い人、それも高校生の薄毛が増えているのです。

あなたのように、抜け毛の多さを気にしている高校生は非常に多いのです。

以前は少なかった高校生での若ハゲが増えていることには原因があるのです。

高校生の薄毛や若ハゲは必ず治りますが、

  1. 原因をはっきりと理解して
  2. 的確な対応をする

ことが重要です。

必ず治りますから、原因や対策をしっかり勉強してください。

若い人の薄毛が増えている

1日の抜け毛はおよそ80本~100本の範囲です。

健康な男性では1日に80本から100本の抜け毛があるのが普通です。

しかし、頭髪は10万本あるといわれ、いろんな場合で抜けますので、

毎朝枕に付いた抜け毛を数えても正確な抜け毛を数えることはできません。

鏡をみて、地肌が透けて見えたり、こめかみ部分の生え際が後退したり薄くなったりしたら要注意です。

高校生のハゲの種類

国内の男性で、薄毛に悩むヒトは1,210万人もいます。

国内の成人男性は4,100万人ですから、3人に1人は薄毛に悩んでいる計算になります。

通常、ハゲや薄毛は30代後半から50代にかけてみられ、壮年型脱毛症といわれるのですが、

最近は、貴方のように高校生で抜け毛が目立つ、若年性脱毛症が増えているのです。

  • 壮年性脱毛症 : 30代後半から50代にかけてみられる
  • 若年性脱毛症 : 10代後半から20代前半にかけてみられる

最近、抜け毛が多いことに悩んでいる高校生の貴方も若年性脱毛症の可能性が有ります。

若年性脱毛症とは

医学的には若年性脱毛症という疾患はないのです。

実は、医学的には「若年性脱毛症」という特定の疾患はないのです。

本来、脱毛がはじまる年齢ではない若齢の青少年に起こるハゲの症状を若年性脱毛症と総称しているのです。

若年性脱毛症は、壮年性脱毛症が主に生え際から後退していくのに比べて、若年性脱毛症では、円形脱毛症のように、一部分が集中的に脱毛することもありようです。

貴方の悩みと同じではありませんか?

現在、高校三年生なのですが、高校に入学した辺りから、徐々に生え際が後退してきています。
最初は勘違いかな?程度の認識だったのですが高2になる頃には明らからに生え際がM字を描いているのがわかるようになりました。
生え際は軟毛ばかりで、硬毛が軟毛化するのはハゲの前兆だと聞きました。
幸いにも髪型で誤魔化せていますが、最近ではつむじ辺りのボリュームも明らからになくなってきています。
M字もだんだんと鋭くなっていますし、生え際の軟毛も増えてきています。

最近は深夜1時ごろまでバイトですし、寝るのは3時とか4時とかで下手したら寝ない日もあります
こんなの頭皮に良くないっていうのは自覚しているのですが、バイトを辞めるのも事情があってキツイです…
食習慣もコンビニ弁当や、コンビニのおにぎりで済ますことが多くて、野菜などはあまり摂っていません。

このスピードでハゲが進行すると、20になる頃には落ち武者になっていそうです…
髪を増やす方法、また現状維持でハゲを食い止める方法など教えてください。
お願いします。

これは、「教えてGoo」にでていた相談です。

この方も貴方と同じように若年性脱毛症だと思われます。

貴方と共通していることはありませんか?

  • 深夜1時ごろまでバイト
  • 寝ない日もあります
  • コンビニ弁当やコンビニおにぎり
  • 野菜などはあまり摂っていません

貴方の生活と共通している点は有りませんか?

寝不足、ストレス、不摂生な食生活、、、、

 
Sponsored Link

 

若ハゲの原因

若年性脱毛症である若ハゲの原因は、上の方のように、

  • 睡眠不足
  • ストレス
  • 不規則な食事とファーストフードの摂り過ぎ

そして

  • 男性ホルモン

なのです。

男性ホルモンは、遺伝的な要因が強いのですが、

遺伝的要因 + 環境要因(不摂生な食事、ストレス、睡眠不足)

男性ホルモンと脱毛との関係は、他の頁にも詳しく書きましたが、簡単に説明すると、

男性ホルモンが頭髪を生み出す毛母脂肪や毛乳頭細胞に作用すると育毛を抑制してしまうのです。そして、この感受性は遺伝的要因が大きいのです。

ハゲの引き金は、遺伝的要因に環境良要因が加わったときに引かれますから、「不摂生な食事、ストレス、睡眠不足」などの因子が加われば、若くしてハゲてしまうのです。

 

Sponsored Link

 

高校生の若ハゲを治すには

高校生や10代後半に見られる若ハゲの原因は上に書いたように、

  • 睡眠不足
  • ストレス
  • 不規則な食事とファーストフードの摂り過ぎ

そして

  • 男性ホルモン

 

ですから、これらをできるだけ解消する必要があります。

 

睡眠不足とストレスの解消

試験勉強や受験勉強で夜遅くまで起きていることも多いと思います。

勉強が一段落したら、睡眠をたっぷり取ってください。

食後に、30分程度の短時間の睡眠を摂ることも有効です。

睡眠不足を解消すれば、自然とストレスも少なく、苛つくこともなくなります。

 

規則正しい食事とバランスの良い栄養

食事は正しい時間に、朝、昼、夜と3食摂ることが大切です。

高校生の貴方はまだ成長期にありますから、不規則な食生活は身体全体の成長をも妨げます。

できるだけバランスの良く栄養を摂ることも大事ですが、亜鉛などは不足しがちですから、亜鉛のサプリメントを使うことも有効です。

 

男性ホルモン対策

若年性脱毛症では、男性ホルモンを抑える必要があります。

男性ホルモンを抑えるといっても、男性の貴方には男性ホルモンが不可欠です。

育毛剤の中には、5α-リダクターゼという髪に対して悪い影響を与える男性ホルモンを抑える作用をもつ育毛剤があります。

薬用プランテルはM字ハゲや若ハゲを予防する働きのある育毛剤ですから、今使っているヘアトニックを薬用プランテルに替える方が良いと思います。

 

   詳しくは ⇒ 若ハゲやM字ハゲに有効な育毛剤

 

若ハゲは、上の4つに心掛ければ必ず治ります

この4つをしっかり抑えておけばこれからもハゲにビクビクすることはありません

関連記事(一部広告を含む)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ