ハリコシのないペタ髪対策は35歳から

髪の毛のハリやコシがなくなってきた、、、

ペタ髪対策は35歳になったら始める必要があります

ペタ髪はホルモンの影響です

 ペタ髪の原因は?

  • 抜け毛が多くなった、、、、
  • 髪の毛にハリやコシがなくなってきた、、、
  • 分け目や前髪がペタンなってきた、、、
  • 髪の毛のボリュームがなくなってきた、、、

こんな髪の毛の悩みを抱えていませんか?

女性では30代になると、ほとんどの人がこんな髪の毛の悩みを感じているのです。

しかし、ここで対策をするかしないかで、「40代の薄毛」、「50代のハゲ」に繋がってしまうのです。

髪の毛の元気のピークは20歳

女性にとって、30代なんてまだまだ若い年齢です。

でも、髪の毛では既に老化が始まっているのです。

髪の毛の元気のピークは20代で、30代になるとまとまりにくくぱさついたり、くせ毛や縮毛などのうねった髪の毛が目立ったり、40代になると薄毛が目立つようになり、50歳代では頭頂部のハゲが目立つようになります。

髪の毛の加齢変化

 

これは、髪の毛の老化現象なのですが、女性ホルモンの減少と関係しているのです。

日本人女性の平均閉経年齢は49歳だといわれていますが、女性ホルモンであるエストロゲンは20歳をピークに少しずつ減少を始め40代になると急激に減少し、50歳で閉経を迎えるのです。

この変化は誰にも止めることは出来ません。日本人女性の平均年齢は過去50年で30年以上も伸びましたが、平均閉経年齢は過去100年でもほとんど変化がないそうです。

更年期障害はエストロゲンの低下による

ペタ髪の原因は髪の毛の太さの減少

ペタ髪の原因は、髪の毛の本数ではなく、「髪の毛の太さ」です。

女性ホルモンの減少に伴って、女性の髪の毛の太さは、だんだんと細くなるのです。

 

女性の髪の毛の加例に伴う変化髪の毛の太さは、コシやハリに大きな影響を与えます。

ちょっとくらい細くなっても、、、とお思いでしょうが、髪の毛の太さが半分になれば断面積は1/4になってしまいますので、当然コシモなくなって、ボリュームのない髪になってしまうのです。

細くなればコシが無い

ペタ髪対策は35歳から

多くの女性が「髪のエイジング」を始めるのは、髪が細くなってくる40代以降になってあわてて始める人が大半なのですが、30代後半ごろから始めなければ、あまり効果がないのです。

女性の髪の毛の本数は、10代、20代でも多少変動しているのですが、30歳を過ぎるごろから減少する本数も増え、30歳後半以降は、その減り方が大きくなるのです。

大半の女性が「髪のボリュームが減ってきた」と実感するのは、ハリコシや太さが失われてくる40代半ば頃ですが、実際には30歳を過ぎるころには本数も太さも減ってきているのですが、実感として感じないため、髪の毛のアンチエイジング対策はどうしても遅れがちになってしまうのです。

頭髪の研究に詳しい、花王ヘアケア研究所の森田康治上席主任研究員も、「本数が減り始める30歳代からケアするほうが、薄毛などの予防効果が高く、髪との毛の健康を長く保ちやすい」と述べています。

Sponsored Link
 

ペタ髪対策は発毛促進

髪の毛の本数が減ったり、細くなったりするのは、髪の毛が生え、伸び、抜け、また生える、という「ヘアサイクル(毛周期)」の乱れが原因だといわれています。

毛サイクルでは、成長期、退行期、休止期という周期が繰り返し回っています。

男性の薄毛と、女性の薄毛とでは多少タイプが異なります。男性の男性型脱毛症では、遺伝や男性ホルモンの影響で成長期が短くなることにより成長しきらずに抜けてしまい、女性の薄毛の約半数もこのタイプなのですが、残り半分では、加齢とともに休止期が長くなることで髪の毛の本数が減り、薄くなるのだそうです(毛髪再生研究の最前線:エムシー出版)。

ですから、30代半ばを過ぎたら、休止期を短縮させて速やかに成長期に移行させるような育毛剤が有効だとのことです。

女性の毛サイクル

髪の毛のヘアサイクルでは、成長期の髪の毛は全体の85%~90%、退行期は約1%、休止期は10~15%だといわれています。

休止期が長くなると、それだけ生えている毛の本数も少なくなり、成長期も短くなって細い髪の毛が増えてしまうことから、ペタ髪対策では休止期を短くし、成長期を活性化させてやる必要があるのです。

 女性向けの育毛剤もたくさんありますが、ネットで45万本を売り上げたという「M-1育毛ミスト」は毛母細胞を刺激して発毛を促進する新たなメカニズムで世界毛髪会議で優秀賞を受賞するなど人気のようです。

詳しく見る >>> M-1育毛ミスト

女性に人気のM-1育毛ミスト

 

コシをだすドライヤーの使い方

髪の毛にハリがない、コシがない、ボリュームがない、、、と悩む人の多くは、洗髪後に髪の毛を正しく乾かしていないということにも原因があるそうです。

シャンプーやリンスのメーカーである(株)花王の調査によると、ハリがない、コシがない、という悩みを持っている人の多くは、洗髪後にドライヤーを使用していないことや、ドライヤーを使っても完全に髪の毛を乾かしていないのだそうです。

ドライヤーの使用率

ハリ・コシ、ボリュームに悩みがある人の66%はドライヤーを使っているが、

  •  髪を痛めないように乾ききる前にやめる
  •  7割くらい乾かしたら、自然乾燥する

という中途半端な乾かし方をしている人が多かったそうです。

ハリ、コシ、ボリュームを改善するドライヤーの使い方

① 完全に乾燥するまでドライヤーを当てる

髪の毛を傷めないようにと中途半端でドライヤーを止めてしまうと、生乾きになってしまいドライヤーを当てる意味がありません。乾いてきたら冷風にしたり、噴き出し口を髪の毛から10cm以上離すなど、髪の毛の温度を上げてしまわないように気を配りながら最後まで乾かすことがボリュームを出すコツです。

② ペタ髪は毛の流れに逆らって乾かす

髪の毛を根本から毛先に向かってとかしながらドライヤーを当てるとペタっとしてしまい。ペタ髪を防ぐには毛の流れに逆らって乾かすのがコツです。前髪をかきあげたり、後ろの髪の毛を前に巻き付けたりしながら乾かすことで、ボリュームのある髪の毛に仕上がります。

③ 風量の多いドライヤーを使う

髪の毛に長時間ドライヤーの熱風を温風をあてると髪の毛にダメージを与えてしまいますので、風量の多いドライヤーを使い、すばやく乾かすことにより、髪の毛に与えるダメージを軽減できます。

ちょっとした乾かし方のコツでや、ドライヤーの選び、髪の悩みを解決出来ることもあります。貴方もドライヤーの使い方を工夫してみたらいかがでしょうか。

髪の毛によい食べ物と育毛剤

薄毛を防ぐには、規則正しい生活やストレスを防ぐなども重要ですが、成長期を短くして発毛を促進するには、「髪の毛によい食べ物」や「育毛剤」は欠かせません。

女性に優しいイソフラボン

上にも書きましたように、30代から始まる女性の薄毛には女性ホルモンであるエストロゲンの不足が原因です。

閉経を迎えればエストロゲンはさらに減少して更年期障害を引き起こします。

イソフラボンは大豆などに含まれる成分ですが、植物エストロゲンともいわれ、女性ホルモンの働きをするのです。イソフラボンはエストロゲンの不足を補い、更年期障害を軽減することが知られていますが、イソフラボンはペタ髪にも効果があります。

イソフラボンは植物性エストロゲン

   詳しく見る  >>>  地肌が目立つ40代女性にはイソフラボン

 

M-1育毛ミストは発育促進作用のある育毛剤

女性用育毛剤にもたくさんありますが、ハリやコシを取り戻すためにはヘアサイクルの休止期を短くして成長期を促進する育毛剤でなければ効果が期待出来ません。

多くの育毛剤は頭皮の血行を良くして毛母細胞に栄養素を届けることによって発毛を促進するタイプのものが多いのですが、女性の薄毛、ハリ、コシ対策には、積極的に発毛を促進するタイプの育毛剤がより有効です。

M-1育毛ミストはjハリやコシを取り戻せたと女性に人気の育毛剤でネット販売45万本の売れ行きだそうです。

   詳しく見る  >>>  M-1育毛ミスト


Sponsored Link

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ