戦場カメラマン渡部陽一はAGAだった

1月8日の「予約殺到!スゴ腕の専門外来SP5」を見ましたか?

戦場カメラマン渡部陽一はAGAだった

トレードマークのベレー帽はハゲ隠しだったのですね、、、

渡部陽一氏は1972年9月1日、静岡県生まれの42歳。

 渡部陽一のホームページによると、明治学院大学・法学部の一般教養課程の生物学の授業でアフリカの狩猟民族に興味を持ち、無謀ながら、現地知識も持たずにピグミー族に会いにコンゴ民主共和国にでかけ、ルワンダ紛争のまっただ中のルワンダで襲撃され、カメラや荷物を全て没収されたが無事に助かったのだそうだ。

その時の状況を話しても誰も信じてくれなかったことから、映像の重要さに気付き、「戦場カメラマン」となることを決意したんだそうだ。

最初は「サムライジャーナリスト」を名乗っていたんだそうだが、ルワンダ紛争、コソボ紛争、チェチェン紛争、ソマリア内戦、イラク戦争など、130ヵ国で紛争地域を取材し、「戦場カメラマン」として有名になったんだよね、、、。

あのトレードマークのベレー帽ともっそりとした話し口調がいんしょうてきだけど、1月8日のTBS、「予約殺到!スゴ腕の専門外来SP5」で、ベレー帽を脱いだんだよね、、、、

いつもはベレー帽で分からなかったんだけど、AGAがけっこう進行していたんだよね。

この写真では前髪でオデコを隠しているので良く分からないのですが、、、

戦場カメラマンはハゲ

番組内容は、「戦場カメラマンの薄毛をチェックする」っという内容で、

AGA治療のクリニック「城西クリニック」ですっかり有名になって、今は「メンズヘルスクリニック東京」の小林一広院長が渡辺陽一を診断してた。

前髪を上げたら、生え際が、けっこう後退しているんだよね、、、

なんだか、アンガールズの野々村に似ていた!

戦場カメラマンのハゲ具合

番組の流れは、

  1. AGAの基礎知識
  2. 薄毛治療のBefore&After
  3. 渡部陽一髪の毛の診断
  4. フィナステリド+ミノキシジルによるAGA治療の紹介

って感じであんまり内容もないまま終了。

でも、AGAクリニックに行ったらあんな感じで診療するんだな、、というのが分かった

戦場カメラマンのハゲ診療

 

帽子をかぶとハゲるのか

それで気になったのが、「帽子をかぶっているとハゲるのか」ということ。

戦場カメラマンだから、現地ではヘルメットをかぶるだろうし、そしていつもトレードマークにベレー帽をかぶっているから、はげたんじゃないだろうかと。

いろいろ調べてみたら、Yahoo知恵袋に詳しく書いてありました。

 

帽子をかぶると禿げる? 半分はホントで半分は嘘です

薄毛を気にしている人であれば、帽子をかぶることが頭髪にどのような影響を与えるのかは、非常に気になるでしょう。
一般的にかんがえれば、「帽子をかぶることによって、帽子内は蒸れて、温度も上がることから頭皮に良くないのではないか」と思われるでしょう。

ですから、帽子をかぶるとハゲる!といわれてしまうのです。

しかし、このことは半分は当たっていますが、半分は間違いです。

帽子はかぶり方によって頭皮や髪の毛に悪い影響を与えます。
でも、被り方に気を付ければ、むしろ帽子は頭皮や頭髪にとって良いアイテムなのです。

[髪や頭皮に悪い帽子のかぶり方]

帽子をかぶるとハゲる可能性は、「頭皮の蒸れや頭皮環境の悪化」が関係します。
 ・ 帽子を長時間かぶったまま
 ・ 夏場に蒸れる素材の帽子をかぶる
 ・ 室内で帽子をとらない
 ・ しめつけがキツい帽子
 ・ きつくて毛をこすってしまう帽子
長時間帽子を被ったままだと、帽子の中は蒸れ、皮脂や毛穴に雑菌が付着して繁殖しやすい環境になってしまいます。
ときには帽子を外して蒸れた環境を是正し、再び被り直すことが大事です。
また、長時間に渡って帽子を被ったときには、シャンプーで頭皮や頭髪を必ず洗い、充分乾燥させてください。

夏の紫外線は頭皮や頭髪に悪い影響を与えますし、最近の雨は酸性雨や有害物質を含んでいることも有り、帽子で保護することは非常に良いことです。

ケースバイケースで帽子を活用することは髪の毛にとって非常に良いことで、帽子を被ることでハゲるという心配は必要ありません。

 

戦場カメラマンのベレー帽は締め付けがキツい感じではないし、蒸れそうな感じでもないし、、。

戦場カメラマンのベレー帽はハゲ隠しだったということですね、、、

Sponsored Link

 

「メンズヘルスクリニック東京」のAGA治療

結局、この番組では戦場カメラマンがAGA治療をするのかどうかは分からなかったんです。

 メンズクリニック東京は2014年9月に城西クリニックから改名し、AGA外来の他に、男性更年期、男性皮膚科、前立腺、男性妊活、テストステロンアップ、と男性ホルモンが関与する男性疾患を全般的に診るクリニックに変わったんですね。

しかし、城西クリニックの時代も含め、訪れる患者さんは非常に多く、

月間5,900名以上の患者様が訪れ、

国内最多の1万人以上の臨床数を有するAGA治療のパイオニア

だそうです。そして、2013年のAGA外来の患者数は67,067人だそうです!

小林一広院長の専門は精神科なんだそうで、精神科医としての経験を生かしながら、心身両面からAGA治療に力を注いでいくのだそうです。

『15年の実績(ナレッジ)をもとに構築した治療プロトコルにより、頭髪の悩みが解消することを目指しています。』 とのことです。

 私もAGAクリニックに行ったことはないのですが、HPで診察の流れを紹介していますから、一緒に見てみましょう。 

メンズヘルスクリニック東京の具体的な治療内容を知りたいのですが、TVでは、「フィナステリド+ミノキシジルによるAGA治療」を紹介していました。

ホームページをくまなく見てみますと、院長がこのようなことを書いていました。

メンズヘルスクリニック東京では経口薬のみの単剤処方はお受けしていません。
抜け毛予防ではなく「発毛」を目的とした治療をおこなっているからです。そのため、患者様の症状に合わせた「経口薬、外用薬、サプリメント」を処方しています。
実際にクリニックを訪れた多くの患者様に薄毛の改善がみられ、悩みが解消されています。

 ということは、やはり、フィナステリド+ミノキシジル の処方ですね。
これは、岡村隆史の治療と同じです。

  詳しく見る  >>>  岡村隆史の髪の毛が増えた?

治療費もHPに明記されており、岡村隆史が「治療費は毎月3万円」といっていたのと同じです。 

AGA治療費用

発毛サロンや植毛治療では、数100万円単位の高額なイメージがありますが、意外と安いのですが、本当にこれだけで済むのかな、、、と心配です。

治療効果もかなりの例数が掲載されています。

AGA治療例

 

5ヵ月でもこれだけ生えてくるのですね、、。

処方は、プロペシアであるフィナステリドの服用と、リアップのミノキシジルの外用なのでしょうか?

岡村隆史の場合は、フィナステリドの服用と、ミノキシジルの服用(ミノタブ)だったといっていますが、恐らく、ミノタブを服用しているのでしょう。

岡村隆史は、ネットで評判の「薬用プランテル」を使っているらしい、、との噂ですが、AGAの予防であれば、5α-リダクターゼ抑制作用のある薬用プランテルでも充分なのでしょう。

 

     詳しく見る >>>  岡村隆史の髪がふえたのは薬用プランテルの効果か?

プランテルとM-1育毛ミストの作用最近調べたところでは、女性に人気があり、45万本も売れたという、M-1育毛ミストもAGAに効果があり、プロペシアとは違った作用点があるようです。

  詳しく見る >>>  M-1育毛ミスト

もう少し調べて、またご報告しますが、「薬用プランテル」や「M-1育毛ミスト」を渡部陽一にも教えて上げたいものです。

Sponsored Link

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ